偶に終わりだと言われます

いつかは言わなくてはいけないと思っていました。 聞いてください。 もう、長くはありません。 貴方がです。もう、生きる時間はそう長くないのです。 だから、日々を後悔しない様に生きてほしいのです。 今度は、本気で取りに行きま...

物語もどき3

とある国に一人の青年がいた。 彼は大きな使命を持ってこの世に生を受けた。 その事を彼自身は知らなかったが、運命の波は彼をさらい、そして呑み込んでいったのだ。彼は、神を探せと使命を受けていた。 そして、幾年かの時が過ぎた。...

物語もどき2

もはや猶予はなく、人類には洪水の悪夢が再び押し寄せていた。 人々は絶望し、悲観に暮れるだろう。その時、貴方は何を見るだろう。 これは、たった一人の人間が見た。とある神の話しである。 こんなもの書いて何になるというのだ。貴...

物語もどき

とある王がいた―― 答えられない答えが合って、”私”は窓を開け放った。 空はどこまでも青く、澄み渡り、今日が何処までも続くように告げている様だ。しかし、その王の心は沈み込んでいた。 何故なら、王の元には既に多くの死神たち...

父を許す事

最近の良い傾向を書き記しましょうか。 何かといいますと、宅の父の事です。今回は、ちゃんと人間の父親の方の話しです。 どうやら、父は父なりに私と向き合って生きる音を選択してくれたようです。心理学の本をよんでみたり、母にそれ...

割合よくある事。

こんにちは、皆さん如何がお過ごしでしょうか。 世間では、もう夏休みが終わった頃でしょうか。いえ、今は私の知る頃より休みが明けるのは早いかもしれませんね。そんなに世代は大きく違いませんから、どうか知れませんけれどね。 さて...

カテゴリ修正。

今回、とうとうランキングブログのカテゴリからオカルトを撤去しました。 もうオカルトな事には関わってないかな、と思える事がありました。 Yは自己救済人格だし、他の彼らはIF(イマジナリーフレンド)のような者だしと考えまして...