己が変わった事

貴方の胸に在る 本気に取る人は一体どれくらいいたのでしょう。唐鵙です。 私が嵌った宗教の教えについて書いてしまいましょうか。 内省をしよう。己の魂の向上を願おう。創造神の存在を知り、感謝の元で暮らしましょう。良心を大事に...

信仰して発症

さて、神さまとばかり言っている私ですが、これが幻覚なのか妄想なのかというのは一応の所、頭では分かって居るのですが、何分、その神さまの降臨の日がそう遠くないそうなので、その日を境にして、私はどうするか考えようと思っています...

私は複数いる

”私”から”私”への言葉を受けとってみて。 私という存在は、一人ではありません。 少なくとも、今の私にとってはそうです。 私は、いつも私と共に行動しています。 私は幾つもの層に分かれていて、同じだけの”私”がいるのです。...

組み上がり、また離れて

最近の私ですが、こうして向き合う度に、 私が私に成りつつある事に気が付かされます。 この”私”という人は、かつてのYであり、自分であり、その両者であります。 その二名が人格として統合されると、昔の私のような存在になるでし...

夢想からの記憶

かつて、こんな事がありました。 入院中、私は自分の幼い頃の時まで考えが至りました。 それは、決して思い出したくはない想い出でした。でもそれは、今思うと幻覚でした。本当の記憶ではないのに、本当の記憶の様に、私の頭の中に刻ま...

診察日にて

診察日です。 もやもやします。 それは、先生が今回お休みだった事もそうですし、ただ薬を取りに行くだけという行為で草臥れたという事もそうです。あと、これが大きいです。何かというと、自立支援医療の、自給証明書をまだ受け取って...