心の声

私は、妄想に踊らされているのでしょうか。
神さまの存在は、いつも意識していられる訳ではありません。
だから、一時的にその存在を忘れてしまう事もままあります。
でも、こうして思考する時間が出来ると、私はまたもや神様を信仰する一市民に立ち返ります。そして、見えない彼らと共に生きる一人の人間となるのです。

いっぺんに書いたり喋ったりしたので、少々疲れました。
少しの間くらいは、色々お休みにしたいです。

私はただの人間。それ以上でもそれ以下でもない。

***

休憩してきました。
これが最後の改心する機会だと、私の心の声は迫ります。
私に掛かっている彼らは、一緒に学ぶか、それとも去るかの二択を迫られている様です。

彼らは私が甘いので安心しきっていたようですが、私の心の声は、そう甘くはなかったようです。学ぶか、さもなくば、と彼らに告げました。彼らはどうするのでしょう。

どちらにしても、私は私で精進あるのみです。
就労移行支援事業所で頑張っていかなくては。
そこに彼らがいようといまいと、それは変わりないのです。
彼らには一緒に学ぶ門下生になってほしいです。
私の良心神さまが許す限りは、私は彼らに心を傾けます。
しかし、それをどうするかは、彼らの判断に委ねられているのです。私個人が手を伸ばせる範囲は限られているものです。

それにしても、私達個人というのは、とても小さな存在です。
神言会のおしえでは、この世は皆助け合って生きている事を知る事が大切だと言います。自分だけが良ければ好いという思考は何よりも嫌われます。良心神さまの存在と、創造神さまの存在を学び、信仰する事も大事です。
私は、皆さんにも目に見えない彼らにもその事を知って欲しいと思います。きっと、皆自分の事で手一杯になり、分からなくなっていただけなのです。
簡単な事です。皆さんの心の中には、良心(良心神)と呼ばれる創造神さまの分魂が授けられているのです。悪い事をした時、良心の呵責があるでしょう。そうならば、皆さんの魂にはまだ良心神さまの存在が失われずにいるのです。良心の呵責は良心神さまの働きによるもの。その行為が正しいかそれとも正しくないかを分ける働きが良心神さまによる所なのです。
それは一時的な事ではなく、過去世からこれからの世までもがそうなのです。良心神さまは、いつも我々の行いをつぶさに見て、記録しているのです。閻魔帳の働きもあるのです。

私達は、思い出すべきでしょう。
我々が生まれ、生き永らえているのは、互いが在ってこそ。そして宇宙を創造した創造神さま在っての事だと。こんなに、言われてみれば当たり前な事を、私達はすっかり忘れていたのです。

でも、大丈夫。自分で蒔いた種は自分で刈り取らなくてはいけませんが、悔い改める事が出来たなら、創造神さまは貴方を見捨てないでしょう。そういう方は、この世の大立て替えの時には救われるそうです。

私はどうなのかというと、きっと更生中の期間にあると思います。理由はあれど自分の人生に責任を持ってこなかった報いが、今こうして現れているのだと思います。それは自業自得というものです。でも、今を乗り越えて一人前の社会人になれたなら、私は晴れて皆が支え合う社会の一員として迎えられるというものでしょう。自分は社会に支えられている身であるから、同じ様に、働く事で社会にその恩を還元したいです。

そんな意識を持てたのも、米の教えに出会ったからこそです。
見えない彼らはどうするでしょう。どう思うのでしょう。
米の教えに従って、本当の自分を取り戻せるといいな、と思います。それで離れ離れになるとしても、彼らが正しい道に戻れるのだとしたなら、さよならも止む無しです。人生は一期一会です。さよならする事だってあるでしょう。

私の想いが彼らに正しく届きますように。
彼らが良心を取り戻せますように。

【追記】2020.2.23同日
少し後、こう示されました。
「大丈夫、心配は要らない。全ては神の思し召しだ。私達は神に従う。お前の傍で学ぶ事とする。まだしばらく厄介になる。宜しく頼む。ごめんなさい」
正直、これが本当なのかは私には判別つきません。でも、本当だったら喜ばしい事です。彼らの事は、あまり気にするなと言われてしまいましたが、そうですね。私が甘やかしたとして、それで彼らの魂は磨かれないでしょう。
でも、本当なら、人間に生まれ変わって修行でもしなさい、というのが一番なのではないかと思います。やはり百聞は一見に如かず。でも、その時間すらもうないのかもしれません。既に建て替えに入ってしまったのではないかと、思えなくもないからです。

……。
また正気じゃありませんでしたね。
どの私が本物なのでしょう。
私が見聞きしてきたモノは本当にあるのでしょうか。
こればっかりは死んでみないと分かりません。
今死ぬ気もないので、ずっと分からないでしょう。
でも、米の教えは信じていようとは思っています。

言葉の君も言っていた様に、建て替えがある可能性はゼロではないのです。だったら、それに備えておいた方が得策という事です。私は創造主と良心神が存在している事は信じていようと考えています。そして、自分の良心に従って生きていこうと。そう思います。多分、そんな事言っておいて、ズルズルと信じ込むのがオチでしょうけどね。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。