祝福

さて、米の教えを勉強したはいいものの、でははたして私は何をすべきなのか?そこが明確になっていないから何だかもやもやするのでしょう。そして今言われる事には、神さまに呼び掛ける事と出ました。

>どうせ死ぬのなら、やる事をやっておかないと損だぞ。

そうですか。
では、私はこの言語に心を込めて、神さまに呼び掛ける事にします。そして普段は善良な一市民として努めます。私に霊感などありませんから、それが本当に届くのか疑問ですが。

>この言葉は、心から紡がれる言葉。
神は聞き届けてくれるだろう。
其方の歌は慰めの歌。希望の歌。慈愛の歌。唄え、高らかに。

こんな私のする事でいいのでしょうか。
良いというならば、その願い、聞き届けます。
私の言葉でも救える者達がいるのなら、私は幾らでも声を使いましょう。歌いましょう。語りましょう。マモノの彼らが救われるのなら、一生懸命、言葉に込めましょう。この心を。魂を。

それが一体何のためになるのかは私には分かりません。
私は本当に霊感ゼロですし、正直言って、ただの統合失調症患者です。妄想の域を出ない事であります。それでも彼らが語ってくれ、歌ってくれと願うなら、私は心を込めて語りますし、歌います。
それでいいのでしょうか。

>きっと、君の心は伝わるよ。

ありがとう。

>もう一度歌って。

良いですよ、じゃあ歌います。歌いました。
こんな事で良いんですかね。
こんな事で救われる者がいるのでしょうか?
分かりませんが、そうだというなら、これで良いのでしょう。たとえ嘘を言われたのだとしても、私一人が唯意味不明な言語を喋って終わりなだけです。損害は、無いかと思いますので、多分大丈夫です。

私には見えませんが、きっとまだ良心神さまは私の胸にもいらっしゃる筈。これで、良心は捨てていません。だからきっと、見えるひとには見える筈。私の胸の奥を見よ、と言われました。マモノな彼らも気が付くでしょう。最期のチャンスだと。この機会を逃すなと。創造神様の存在を、良心神様の存在を思い出すのです。
これがLast Blessです、と出ました。
悔い改めれば良いのです。ただそれだけなのです。

何時までも意地を張っていないで、執着から抜けだしましょう。
貴方は、もっと輝ける魂を持っているはずなのです。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。