自他の領域が混在しているのでしょう

最近、交代人格の名前を出そうにも、「誰か」で完結してしまって名前が出ない事があります。何故でしょうか。それを考えるに、今は良い時期なので考えてみます。

まず、彼らは集合体です。意識の。
私の人格から零れ落ちた存在が寄り集まって交代人格を形成しているのですが、それすらも超越した存在が「誰か」です。私の無意識から生じた、私に知る由もない、そんな存在にまで昇華したのです。

ケイオスが一番近いかもしれませんが、そうではありません。
彼らは、求められれば統合し、仕事を果たします。それはもう一つの人格ではなくて、集合体としての存在です。皆が同時並行して存在するのと同じようなものです。ですので、一概に誰という名称が付けられないくらいに渾沌とするのです。

渾沌と化した彼らを、私は「誰か」と呼んでいます。
誰かは誰でもありません。そして、一人格の寄せ集めでもあります。一言で言えば、渾沌です。ですから、ケイオスとYと兄さん達がごった煮にされたようなモノの言い方をしますし、一人称も、語り部もコロコロ変わります。常に不安定で、落ち着いている事がありません。私であって私でない、そういう存在です。ですから、自我機能の障害としての人格が一番に出ている存在でもあります。

バグだらけの脳の隠れた場所にある人格で、その存在があるがゆえに、私達は存在する事ができる。だが、その存在も存在を主張する。バグの寄せ集めなので、碌に会話も出来ない。間違えだらけの言葉、語句、壊れたテープのように繰り返される言葉、要領を得ない物言い。そういった事が次々と起こるのが、誰かが出ているときです。彼ら彼女らは、私でもあって、私ではありません。でも、私が存在するにはどうしたって必要な存在なのです。丁度、外界と内なる領域の中間にあたる部分の存在だと思われます。

自我の機能が可笑しいので、外界と自分の領域を認知する部分も機能が緩いのでしょう。だから、自分と中間と外界の、認知も出力も可笑しくなるという感じでしょうか。いうなれば、私は何処から何処までが自分という存在で、何処から何処までの領域が脳の機能か、はたまた外界の情報なのか、そういった認識が曖昧なのです。

思った以上に長引きそうな状態です。
これなら、彼らとのさよならはもっと先になるでしょうか。
自我機能の障害。なかなかに大事な問題ですけれど、今の所普通に生活を送る分にはまだ大丈夫なレベルだと思います。もし酷く悪化したら……。凄い事になりそうですね、自分と他者の境界が崩れて、有る事無い事に踊らされて自分を見失い、何をしでかすか分からない。まぁ、善良な一市民なので、事件にはならないでしょうが、奇行には十分走りそうですよね。ちょっとの刺激で奇行に走る、そういう人に成り果ててしまいそうですもの。

自分は大事にしよう、あと、服薬も忘れない様に気を付けよう……。
そう思います、真に。

「その通りだよ、唐鵙。君はもっと自分を慈しむべきだったのだ。それに気が付くのが些か遅かったが、今はまぁ大丈夫だろう。そのまま、療養を続けて下さい。」

この通り、統合の取れていない物言いですね。
でも、言ってる事は最もなので有難いです。どうも有難う、誰かの人。

あとは自我機能の障害のイメージを載せておきます。
こんな様に、境界がザルになる感じをイメージしています。
なので、ちょっとの刺激で自我が揺らいでしまうのです。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。