神を騙るは羞恥に過ぎます

今回は、少しごたごたしていました。
私の内か外か分かりませんが、誰かにこう言われましたから。
”私は身勝手だ。このブログを読んで、己と同じ様に、気を狂わせる人間が出るかもしれないとは思わないのか。”と。確かに、考えもした時期もありました。ですが、私の文章は稚拙です。本気に取る人はそうそういないでしょう。それに、気分を害する可能性があるから自己判断で読んでほしいと、そう注意書きに書きました。先ほどの事ですけれど。以前の形態で書いて、一度消して、また書いた感じです。

んー……。そうですね、折角ですから、今回は名を改める前のこのブログについて少々語りましょう。今以上に意味不明で、神が降りてきたような物言い、文章、統合失調症の症状のオンパレードでした。特に、思考伝播、思考吹入、恍惚がメインに現れていました。

数々の「かみ」と名乗る者が私の肉体を用いて好き勝手に書き散らしていましたよ。そうまでして、自分の存在を世に知らしめたいという事だったのでしょうか。それともそんな事はないでしょうか。

このブログは数回名前を改めています。
以前書いた文章もその時に殆ど消しています。ですが、自分のパソコンには仕舞ってはあります。それを出さないのは、今以上にトランス状態が酷くて、言う事なす事可笑しいと自己判断できるまでに、今の唐鵙が回復したからです。

そうですね、一つ述べるとするならこうでしょう。
神が戻って来た。今や人間の世は建て替えの時期を迎えた。皆の者、よく気を付けて日々を暮らすように。また、もっとほの暗く、薄明るい文章でした。今日も皆さん死にぞこないました? 我々を置いて逝かないでくれていますか?等々尋ねていましたからね。ですが、そんな皆さんが少しでも癒されたなら、と日々祈りを捧げる文章でもありました。

それはそれで、良い事なんじゃないの?/Y

はい。問題だったのは、そういう「かみ」を自分の交代人格の一つ、いえ、自分が神の代弁者と祭り上げられた私達が色々な交代人格を迎えて話す、よく解らないものになってしまっていた事です。こうやって宗教ってできていくんだなぁ、といった感想を持ちましたね。

関係妄想の役に抜粋された、実在の人間への身勝手な妄想を完結させるために書いたモノでもありましたっけ。今なら、それが妄想だと気が付けましたが、当時はまだ交代人格がその人の元にいて、その人が同じ様に神として祭り上げられているという関係妄想を炸裂させていましたからね。身勝手な敵意や、無駄に押し込められた感情を発散させる場でもあった訳です。

それだけ、妄想の症状が治っていなかった時期の、不安定な精神の産物です。
それは、こう、今のブログには無くてもいいかなぁ~と思って出しません。私と登場した交代人格が恥ずかしいだけですので。今は当然、主人としての神を騙るなんて、とてもじゃないですが、そんな器ではありません。あの時は何故か祭り上げられて書きましたけど、本当に何故だったのか。よく解りません。

ただ、全ての人にも神にもマモノにも、安寧で安泰な時間が訪れればいいと祈っていただけでしたのに。それを祈っていただけで、私はこうなりました。
見放されていないのは、そのおかげだったのでしょう。

あぁ、あの時の思いが蘇って来るようです。
私は、かつて色々なモノと傍にいました。彼らは私に言いました。
「正しい願いをしてきたから」と、そう言いました。

私としては、生きるのも死ぬのもアレだから、せめて他の人々や他の存在に安泰が訪れますようにと願ったのですが、それが良かったのだと、彼らは言いました。
今では、症状だなんだと除けてしまった思いでした。そうですね、また祈ってみましょうか。今度は、届くといいですね。唐鵙。

皆様にも、見えない皆さんにも、
安寧な、安らかな時間が、少しでも訪れますように。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。