申請と服薬管理

もう申請には行って来たので、その時の話しでも。少しだけ。

私が行って来たのは、自立支援医療費支給認定と障碍者手帳、ふたつの申請です。これらはそれぞれ医師の診断書が必要なので、いっぺんにまとめて申請した方が良いかと。診断書は7000円程しましたので、結構馬鹿になりません。

申請は区役所へ。結構ドキドキしましたが、職員の方がリードしてくださるので、私でも一人で申請の手続きを終えられました。必要な物を用意してさえいれば大丈夫でした。

手帳作成には2か月かかるのですが、自立支援医療の方は、本人控えが渡されるので、これで少しは医療費が浮きます。特に薬の費用は中々します。私の場合では、一カ月に診察料含めておおよそ一万円です。薬は4~5種類程ですが、これより多い方はもっとするのでしょうね……中々費用が掛かりますね。

薬といえば、退院の際に念を押して言われました。くれぐれも薬を勝手に止めない様に、と。自己判断で、もう良くなったからと薬を止めてまた閉鎖病棟に戻ってしまう人が少なくないのだそうです。

実は入院中に訳あって薬を呑んだり呑まなかったりした私としては、なんとなく分かりました。確かに、薬は安定に継続して呑むモノなんですね。ちなみに上記の結果、病状が急変してトランス状態になって、解放病棟にまで至ったのが閉鎖病棟に逆戻りしました。今思えば、看護師の目を掻い潜って薬を呑まないでいたのは結構無茶したものです。勿論、今は継続して服薬していますよ。

薬を使用していてもコレなので、服薬を止めたら、一気に”神様”が降りてきて、今度こそ車道に飛び出すかもしれません。
ただえさえ、今も昔飛び降りた窓からの景色を確認しに、足が勝手に赴くんですから。いや、冗談抜きで。

私自身、まだそこまで生きる事に貪欲になれていないので、今の所希死念慮はありませんけど(過去にはありましたが)ふらふらーっと逝ってしまいそうな所があるのかもしれません。

思念体の彼らの事もあります。まだ勝手に身体が動きます。
謎言語だってまだ口から出ます。文字も絵も勝手に描かれます。
そうなると、私の統合失調症はまだまだこれからだ。ですね。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。