幾らか改善してきた事

今まで書いてきた文章を読み返す作業を、また飽きもせずしてきました。
始めた当初に比べて、幾らも良くなって来たと思いました。
今回は、その整理をしようかなと思います。

1.オカルト思考から脱却
完全にという訳ではないですが、自分に降りかかって来た出来事や現状も、色々と脳の不思議が成せる業だったのだと思う様になりました。
そのおかげで、不安なく眠りに着けるように成りました。以前は、霊体が自分に何か悪い影響を及ぼそうとしているのではないか? と不安に思っていました。Y達にはひたすらごめんなさい案件でしたね。Y達はやはりイマジナリーフレンドや自己救済人格という位置づけになりました。

2.父親との関係が良くなった
人間の父親との仲がいくらかですが、修正されてきました。というのも、”私”というかY達が自分の嫌だった気持ちをちゃんと伝えてくれた事から、一応の理解を示してくれたからです。相変わらず、自分のトラウマスイッチはありますけれど、それが無ければ一緒の空間にいても多少は大丈夫になりました。

3.見えない彼らとの適度な距離を取れるようになった
最近は、彼らもなりを潜めるといいますか、適度な距離をとって生活を共にしてくれています。私の生活も、入院以前の平坦な生活に戻りつつあります。彼らは彼らで私の意識にどこかに潜在している感じなのでしょう。

こんな感じでしょうか。
流石に三カ月も経てば何かと変化もあるものですね。
それでは。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。