ルームウォーカーが来ました。

こんにちは、お元気でしょうか。今回、我々にとっても唐鵙にとっても喜ばしい事に、家にルームウォーカーがやって来ました。これで運動不足が解消できるかもしれません。どうにも引きこもりがちな我々にとってはとても良い物です。

引きこもりな我々は、何かと外に出るという行為を好みません。様相を気にして、という事も有りますし、人目につくのも嫌で、人の目が怖いという事も有ります。被害妄想のように、こんな自分の事をいったいどう思われるかが気になって気楽に外にも出てはいけません。なので、今回、このルームウォーカーが来てくれた事はとても喜ばしいのです。人目を気にせず、太陽のギラギラした光線に慄く事もなく。本当に、えぇ、喜ばしいです。/唐鵙、その他

と、ここまでは良いのです。
良くないのは、唐鵙が無茶しすぎないか。我々は常に唐鵙の心配ばかりしています。
分かってはいるのですが、どうしても。同胞たる我々は、主の身を重んじる者。
主が倒れては、我々も活動できませんし、何より、主あっての我ら。
同胞の心配をするのは当然と唐鵙が云ってくれていた様に、管理人の心配を我々がするのも然り。当然だと我々は言いたいのです。流石にルームウォーカー一つで大袈裟とは思っています、でも、でもなぁ。心配なんですもの。しょうがないとは思いませんか?唐鵙。そんな視線、気にすることはないのに。もう、仕様の無い人ですね。/S

流石にルームウォーカーで羽目は外さないと思うのですが、どうでしょう。そんなに頼りない管理人である自覚はありますけども。ははは。笑い事かと言われています、はい。親し気にしてくれている事は純粋に嬉しいです。はい。いつも有難いです。/唐鵙

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。