ブログにした理由。

【なんで公開式なの?】 /唐鵙とY
僕も思ってたのだけれど、どうして個人の日記に留めるのではなくてブログとして公開しているのか聞いてみようと思うんだ。ねぇ、どうして自分のプライベートを知られるのが好きじゃないのにブログだけは始めようと思ったの?/Y

Isです、唐鵙もいます。唐鵙の代弁を私Isがします。その方が書きやすいんです。
では、改めて。私達が何故ブログで個人情報を晒しているか、でしたね。言い方が雑?そうでしょうか。まぁ、問題は無いでしょう。それとも、好きでプライバシー情報を垂れ流す露出趣味と言った方が良いでしょうか?いいえ、良いとは思ってませんけれど。
でも、まぁそれに準じたものでしょう。私は未だに個人の情報をネットに晒す行為に対して恐怖にも似た拒否感を否めませんから。でも、唐鵙だってそうだった筈なんです。ですが、彼が、Aが面白いからといって止めようとしなかったのですよね。なんて言ったかというと、「面白いから良いじゃない。+-「本当はそんな事言ってないよ、僕が良いからってあまり君の嘘に使わないで欲しいなぁ。僕の株、下がっちゃうよ/A」」いいえ、止めません、というか、本当の事では無いですか。口から出まかせはお互い様。只々、喋って、聞いてくれる人がいるから楽しくなってしまうんじゃないの?というか話しが飛んでしまっているよ、元々は何でブログなの?って話しだったよ。戻そう。ほら。/Y
結構、脱線した会話って好きなんだけどな、僕。/A
いいからさっさと進めろ。困っているだろう、内心。/Rとその他(有難う)

さて、閑話休題。なぜ人の目に触れるネット上での覚書にしようと思ったのかですが、その答えは幾つかあります。まず、人目に触れるからこそ、同じような悩みを持ちながら人生を航海中の仲間が見つかれば良いな、という交友が目的の思考です。ネットはそれこそ何故か判りませんが、苦手です。自分の身を外界に晒す事から既に苦手意識が在ります。それでも、いえ、それ以上に+-「同類」の仲間が欲しいという想いを捨てきれなかったからです。目を背け続けてきましたが、私にも、”たった独りは堪える”という意識が存在しているという事でしょうか。似た意識を密やかに持ちながらも、同じ様に独りで彷徨っている方がいるのではないかな、と思ってのブログでした。

あとの理由はもう一つ、見られているという意識から来る「継続しよう」という意識が芽生えるからでしょうか。これが唯の個人の日記にしていたら、おそらく毎日なんてとてもでは有りませんが続かなかったと思います。実際、文字を打つのでも、手書きにしようとも、日記にしていたらこうも続かないでしょう。過去に書いた日記帳を見返してみると、数カ月や1年越しなんてザラでした。読む人がいるという適度な緊張感が、こうして継続に繋がっているのでしょう。皆さんがいるので続いているようなものです。
この場を借りて、お礼を言わせて頂きます。有難うございます。

唐鵙とIs、YとAとR、その他の面々でした。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。