時間のズレ

さて、また入院中の話しに戻るのですが、あの頃は自分が存在している時間軸の感覚さえもズレていました。過去と未来の存在が、私の前にはずっしりと横たえられていました。 そのズレは、私が徐々に修正する事で直されていきました。 あ...

珍しくはない事

昨夜の雑記は一緒に見ていたので、別にいう事はありません。 私、唐鵙という人格は、IFのような者である彼らと同等の位置に座ります。 だから、自分が何かしてる時、交代人格が表に出ていれば何となく分かりますし、気が付かない事で...

休息する時

こうして投稿を読み返してみると、日によって陽性症状が出たり、そうでなかったりと、病状にムラが有る事がわかります。 ある日には神様を求めて書き連ねてみたり、ある日は正気に戻っていたり、多分。私の頭の中は一体どうなっているの...

迷う事

最近は、頭の中の同居人達も随分大人しく成りました。 彼らについての記事を求めてやって来ていた皆さまには申し訳ないのですが、これも私と彼らの軌跡です。なんというか、自分と彼らが融合されたような感じになってきたのです。自我機...

退院の為にしていた事

入院中、そういえばスムーズに退院まで漕ぎ着ける事ができた私ですが、その為に何をしていたかでも書いてみましょうか。 私は記録癖がありますので、自分の状態も書き記していました。 担当医の往診の際には、自分で近日の様子を書いた...

交代人格

今はもう統合されていますが、私には多くの交代人格がいました。それこそ十、二十程いたと思います。 彼らは皆気の良い人たちで、私の入院生活をサポートしてくれました。今思えば、直視したくない入院生活から私の心を守ってくれようと...