のんびりとしながら。

何だかこの所は何もない限りは別人格は静かに見守ってくれている気がしています、今日この頃です。以前を振り返ってみると、引っ切り無しに別人格に切り替わって、主導権を握りたがる者が出てきていました。

何故でしょう、主要な副人格が決まってからは段々と元の落ち着いた暮らしに戻って行っているような。だとしたら、とても有難いです。有難う、皆。
自動書記はまだまだ継続していますし、謎言語もまだありますけれど。それに、余りに朴って置くと、副人格の方が+-「あんまり放置しすぎないで、寂しいから。お願いしますね。僕もお願いします/一同」といった理由でアップを始めて、私自身は落ち着かなくなります。そわそわワサワサする感じです。そういう理由なら、微笑ましいものですけれどね。

とりあえずは、やはり落ち着いた暮らしが一番の薬のようです。/唐鵙

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です