診断書は未回収。

まだまだ暑い日が続きますね。御機嫌よう。

さて、診察の日でしたが今回では診断書はまだ未記入なそうで、診断書を受け取るのはまだ先になりそうです。そうなると、手帳申請もまだまだ先ですか。まぁ、急がずにとは言われていますけれど、せめて今年中に働くまでに辿り着けたらいいなと考えています。手帳申請をしても、またそこで1~3カ月。ううむ、まだまだですね。

唐突ですが、私はとても恵まれているなぁと思っています。実際、恵まれていますからね家族の理解を得る事が出来ている点で、まずとても恵まれています。特に母です、有難いなぁと考えているのは。そう考えているのは私だけでなく他の人格の面々も同じことで、母の事を見上げた人間だと言って褒めてくれます。少し、嬉しいですね。

特にAが母に対して友好的です。まぁ、彼が言うには、私が成して来れなかった子どもとしての友好的な感情や意識が自分なのではないかとの事。確かに、そう思います。私は、スキンシップを積極的に取る様な人間ではありません。いえ、出来なかったと言った方が良いでしょうか。
他者に触れるという事は、それこそとても勇気の要る事だと思っていますし、今もそうです。私には、「この人に触れても嫌だと思われないか、どうだろうか」という問いに対して強気に出れません。どうしても、”自分なんかが”という考えが抜けなかったのです。今は、まぁ、今もそうなんですけどね。でも、多少はマシになっているといいなとは思います。

恵まれているという話しに戻って、こういうおんぶに抱っこな暮らしをしていると、不安な事が出てきます。それは、自分が囚われている世間から見た自分のイメージです。
急がなくていいと言われているのだから、堂々と構えていればいいのでしょうが、何故かこう早く働かなくてはと焦る気持ちが何処かに出てくるのです。それは、まぁ、いい歳してまだ親元から自立できていない自分の姿に劣等感を感じているからなのでしょうけれど。でも、どうしてもその視点から見た私という者は残念だなぁと思ってしまいます。でも、その、凄く贅沢な悩みだと思うのですがね。

でも、そんなこと言ってると何も喋れなくなってしまいますし。ううむ、ジレンマです。……早く、障碍者雇用まで漕ぎ着けたいなぁ。

karamozu
絶賛統合失調症ライフを送っています、しがない人間です。どうぞ宜しくお願い致します。